笑壷ソサエティ

トピックス
医療メディエーション

医療メディエーションとは

メディエーター(仲介者)

医療者と患者に対話や相互理解を促す仕組み

現在、メディエーターは医療関係スタッフのみ

 

なぜ、医療メディエーター認定は、医療機関スタッフ限定なのか?

わが国の弁護士法は、弁護士以外の者が法律業務に従事することを禁じています(72条)。

法律業務には、紛争解決業務が含まれます。

したがって、第三者医療メディエーターとして、院外の者が医療事故紛争にかかわると、この弁護士法に抵触するおそれがあります。

また、そうした資格を認定することは、あらぬ誤解を招きかねません。

院内のスタッフが、メディエーション技法を応用しつつ、患者さんと医療者の関係再構築を支援する場合には、示談交渉の一変型ということになり、弁護士法との抵触の問題はなくなるからです。

(日本メディエーター協会(JAHM)HPより)

 

メディエーターの役割

・物の捉え方が違うために

感情的に対立した患者と医療者の話し合いに立ち合い、対話を促す。

双方の話をじっくり聴く

対立に至るまでのお互いの思いが相手に伝わるようにする

医療者は患者が立腹した理由が分かる。

誤解が解け、信頼関係の再構築につながる

*メディエーションはトラブルの対応だけでなく
日常の診療にも生かせる

 

患者と医療者のトラブルの多くは、認知フレームの違い

認知フレームとは、物事の捉え方のこと

例:治療法の選び方

医師=医学的な知識

患者=身近な経験(身内に効かなかった経験を持つ)

医師=最善の治療 VS 患者=不安な治療

 

 

医療メディエーションの歴史

1970年頃、英国でスタート。

日本では2005年から研修が始まる。

 

*医療メディエーションが機能するには上層部の理解が不可欠*

患者の求める情報を医療機関が誠実に開示し

事実を究明する姿勢が必要


ココロに笑顔、カラダに笑顔。笑壷ソサエティ HP
笑壷ソサエティ 教室のご案内
笑壷ソサエティ 【空】
笑壷ソサエティ(ブログ)
笑壷ソサエティ(携帯)