笑壷ソサエティ

トピックス
精神疾患を追加、5疾病に

精神疾患を追加、5疾病に-社保審・医療部会が合意

 

 社会保障審議会の医療部会(部会長=齋藤英彦・国立病院機構名古屋医療センター名誉院長)76日、都道府県が5年ごとに策定する医療計画に記載する疾病に、精神疾患を新たに追加することで合意した。同省では、医療計画の見直し等に関する検討会に報告した上で、年内にも省令を改正し、2013年度に見直される医療計画の基本指針に反映させる見通し。地域で必要とされる医療機能などについては、同検討会で詰める方針だ。

 

 都道府県は06年の医療法改正で、4疾病(がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病)5事業(救急、災害、へき地、周産期、小児)ごとに医療連携体制を構築し、それらを担う医療機関名を明示することになった。
 医療計画に記載する疾病は、▽患者数が多く、かつ死亡率が高いなど、緊急性を要する▽症状の経過によって、医療機関の機能に応じた細かな対応が求められる▽特に、病院と病院、病院と診療所、そして在宅医療へとつながる連携に重点を置いている―の3つの考え方に基づいて定められている。

 

 この日の部会で厚生労働省は、精神疾患の患者数が08年の調査で323万人に上り、他の4疾病に比べて多いことや、うつ病や認知症の患者数が増えていることなどから、「精神疾患は国民に広くかかわる疾患となっている」と指摘。精神疾患を発症した可能性のある自殺者も増加しているため、病院や診療所、そして訪問看護ステーションなどが、それぞれの機能に応じた連携を推進する必要があるとして、4疾病への追加を提案した。

 

以下、省略 

 

 

【精神疾患は、誰でも罹り得る病気】という認識を持つことで

肉体的な病気と同じように、自分で予防することができます。

 

また、それにより【自分の心の癖】を知ることができ

世の中が生き易くなります。

 

心は目に見えないですから

他人に理解してもらうのはなかなか難しいですし

罹った場合、思った以上に長引きやすいです。

 

また、病状が目に見えないため、理解が得られず

罹患中に人間関係がこじれてしまい

治癒後に人間関係の修復という作業が、必要になることも多いです。

 

【精神疾患は、誰でも罹り得る病気】と、常に意識して

1日に1回は気持ちをリセットする時間を持ちましょう。



ココロに笑顔、カラダに笑顔。笑壷ソサエティ HP
笑壷ソサエティ 教室のご案内
笑壷ソサエティ 【空】
笑壷ソサエティ(ブログ)
笑壷ソサエティ(携帯)