笑壷ソサエティ

トピックス
私が本当に欲しいものは・・・?
人はいろいろと目標・目的をもって生活をしています。

そこまで、大げさに考えなくても「もう少し広い家に住みたい」「やり甲斐のある仕事がしたい」「腰痛を治したい」「実力を認められたい」欲しいものはたくさんあると思います。

でも、突き詰めて考えると答えはひとつ「幸せになりたい」からです。

どんな時に「幸せ」を実感するか人それぞれですから、種類はたくさんありますが

答えはひとつ「幸せになりたい」からです。


「広い家」「仕事」「健康」「他人に認められる」と外側にばかり眼をむけていると、それが無くなれば直ぐに「不幸」です。

それよりも自分が「幸せ」を感らじれる状態を作っていくほうが確実です。


外からの情報・人の評価を基準にしなくても、「これが自分」というものが見つかれば「自分で自分を認められる」ので、気持ちが安定し「日々幸せ」を感じる事ができます。


ちょっと振り返ってみて下さい。
「自分が不安に思っている時」「自分が落ち込んでいる時」その部分に触れられるだけで無意識に怒りを感じ、つい声を荒げてしまった経験はありませんか?


「不安な自分」「ダメな自分」を認められない状態の時に、「その部分を」他人に指摘されたような気がして、怒りが出てしまうんですよね。

「あっ、しまった・・・。」と思い、また落ち込む・・・。
そして、そんな自分が嫌いに・・・。


「良い時も悪い時も全部認めるなんて、そんなの無理!!」と思われるかも知れません。

「認める」には2つあります。
「他人が私を認める(承認)」「私が私を認める(承認)」

「他人が私を認めない」場合は「あ〜そういう人なんだ」「認めさせてやる!!」などで割り切るも出来ますが、「私が私を認めない」場合は非常に辛い状況になってしまいます。


直ぐに全部は無理かも知れませんが、その回数を少しずつ増やすことで「気持ちの安定した状態」が、少しずつ長くなっていきます。
そうすることで、またうれしい気持ちになる状況が増えてきます。


「自力整体で体の健康」「EFTで心の安定」を維持していくことが自分の気持ちに余裕を作る「第1歩」です。


ご自分では難しいという方は「個人面談」もあります。

また「パステルシャインアートセラピー」も名古屋で初めて開講しました。

体を持っている人間にとって、体と心は「ふたつでひとつ」です。
両方のバランスを取ることが大切です。

そして「バランスは常に崩れる状態にある」ことを意識して、日々整えていってあげましょう。
心と体に余裕がなければ、少しのことで慌ててしまいます。

身体をほぐし、気持ちがリラックスした状態が「どんな自分も認める」余裕を作ってくれますよ。


ココロに笑顔、カラダに笑顔。笑壷ソサエティ HP
笑壷ソサエティ 教室のご案内
笑壷ソサエティ 【空】
笑壷ソサエティ(ブログ)
笑壷ソサエティ(携帯)