笑壷ソサエティ

トピックス
錯視(さくし)
 

感覚=感覚情報の受け取り
知覚=情報のまとめ
認知=情報の意味づけ・解釈


知覚とは・・・感覚器官を通して外界の事物や身体内部の状態を知る働き


*目で受け取った感覚情報(光)と、知覚された結果とのズレや歪みは絶えず生じている

*ズレや歪みは例外的なものではなく、人間の視知覚の基本ルール通りに生じている

*錯視は、普段生じているズレ・歪みを大きく引き延ばして見せた姿

以下、その一部です


☆補充作用→
情報が欠損した部分も、その周囲の情報に基づき埋めてしまう

☆偶然性の排除→
『偶然の一致』を前提とした見え方は避ける

☆3次元解釈→
平面(2D)情報が与えられても種々の手がかりを用いて3次元(3D)対象としてみる。 『奥行き』を持って見てしまう
経験による効果は大きい=遥かな草原やジャングルで生活している人は難しい

☆相対性→
『大きさ・明るさ・色』など多くの視覚特性は、対象のもつ『絶対的性質』ではなく、隣接した周囲からの影響を受け、相対的に知覚される

☆順応→
残効(明るさ残効、色残効、形残効、傾き残効)など、変化のない刺激を一定時間見ることにより、後の知覚内容に反動的な影響が表れる。特定の神経細胞の『疲弊』と理解されている  残効=残像
       


人間には20種類ぐらいの感覚がありますが、「五感」はその代表です。
その中でも視覚が多くを占めているため、「見えるものが真実」と思いこんでしまっていないでしょうか?

体・脳の機能により、いろいろな見え方が起こります。
これは、気づけば引っ掛からない「だまし絵」とは違います。
分かっていても、そう見えます。

約20種類の感覚はお互いに補うためにあると思います。
余り「視覚」にばかり頼っていますと、他の感覚が鈍くなってしまいます。
体全体をバランスよく使っていきませんか?

イリュージョンフォーラム 錯視の体験