笑壷ソサエティ

トピックス
老人と海
中日新聞 夕刊 「紙つぶて」より
JR東海社長 松本 正之


 多くの人は、青春の多感な時代、人生について深く考える時期がある。


 「人は何故生きるのか」「自分の存在する意義は何か」


 私にとっては大学生時代がその時であった。



 そんな時のある夏休み、寝袋一つをもって当てのない旅に出たことがあった。

淡路島の海岸に着いた。


・・・略・・・


勇気を奮って「自分は学生であり、蚊の大群のために寝る所がない。

できれば端っこにでもいれてもらえないか」と頼んでみた。



 老人は浜の番を一人でしており、暇つぶしとでも思ったか「いいよ」と言ってくれた。



 彼は酒の杯を重ねながら、この土地のことや自分の昔話を次々と話した。

そして「何であんたはこんな所を一人でほっつき歩いとるのか」と尋ねてきた。


 私は自分の悩みと、それ故の放浪と打ち明けた。

と、突然「仕事もせんでそんなことを考えとんのか。

おれらは生まれた時から、飯食わないかんし、生きるようにつくられとるんと違うんか」。

老人は吐き捨てるように言い、怒り出した。

この瞬間、私は、そうか、そうなんだと胸のつかえがストンと取れたのを思い出す。



 「自然体」。

この時の海と老人の言葉は、今も私の心の1ページとなっている。


ココロに笑顔、カラダに笑顔。笑壷ソサエティ HP
笑壷ソサエティ 教室のご案内
笑壷ソサエティ 【空】
笑壷ソサエティ(ブログ)
笑壷ソサエティ(携帯)