笑壷ソサエティ

トピックス
緊張型頭痛
 
〜原因確かめ休養、運動〜

中日新聞 朝刊 医療と社会 「慢性頭痛」より


緊張型頭痛の特徴

ジワッと持続する痛み(片頭痛に比べ痛みの程度は低い)

毎日ずっと続く

肩凝り頭痛が最多
  ↓
肩凝り頭痛の特徴

・後頭部や首の後ろ
・顔の筋肉が凝りを起こしたときに起きる
・楽しいことをしている時も忘れる
・筋肉疲労や精神的な緊張が原因


「鎮痛薬や筋肉をほぐす筋弛緩薬などを使って楽になると、無理を重ねるし、薬頼みになってしまう恐れがある。薬より十分に睡眠を取るようにしたい。痛いのは『休みましょう』のサインと考えてほしい」

静岡赤十字病院神経内科部長 今井昇医師



軽い運動で気持ち良くなるように動かす(筋トレではない)
精神的ストレスを取り除く(心療内科の受診も視野に)

若い頃の片頭痛→中年期に持続的な頭痛=片頭痛と緊張型頭痛の混在も(専門医へ)
緊張型頭痛の背景にある「頭頸部ジストニー(軽い、けい性斜頸)」=脳から来る凝り(医療機関へ)

寺本神経内科 寺本純医師


ジストニーとは・・・  
脳からの何らかの信号で不随に筋肉が収縮し続ける状態。原因不明だがストレスで起きたり・悪化。 頭頸部ジストニーの治療で頭痛が改善も


チェック

・首がほんの少し傾いている
・肩の筋肉の凝りが左右で違う
・首を左右に振ると振りにくさの度合いが違う
・温めたり・マッサージでも30分で元に・・・ (運動が不随筋の筋収縮を防ぐことも)


片頭痛とは・・・
ドックンドックンと脈打つ痛み
温めない
筋肉の凝りにより症状が悪化する場合も



※教室・講座にいらっしゃっても動きたくない時は、動かれなくても良いです。また、動きたくないポーズ(形)の時は、動かれなくても良いです。ただ、片側だけ(右側・左側)というのはお避け下さい 体のバランスが悪くなります。

・参加しているからには、やらなければならない
・できないなら、来てはいけない
・みんなと同じことを、しなければいけない
・みんな(或いはナビゲーター)と同じポーズ(形)が、出来なければいけない

というお考えは忘れて下さい。

自力整体・健康法の間は「自分だけの時間」「自分だけの空間」です。
それは、参加者すべての方にとって同じです。

「自分に集中する」ことで今必要な事を「心」が「体」が教えてくれます。
その声に耳を傾けて下さい とても大切な事です。

長く続けていらっしゃる方はみなさん同じお気持ちです。