笑壷ソサエティ

トピックス
特報 大量服用が招く恐怖

中日新聞 朝刊 「話題の発掘 ニュースの追跡」より

抗うつ剤を飲んだ患者が、暴力的になり、他人を攻撃したりする副作用が報告され関心を集めているが、同様の副作用は睡眠剤や精神安定剤などにも認められるとする説がある


※「放火という犯罪に直面して、ようやく睡眠剤や抗うつ剤を断った」と告白する女性※

最初の服用から5年間睡眠薬を飲み続けていた

自身の病気などから心労が重なり、不眠や食欲不振に悩み、自宅近くの心療内科や精神科で医師から「薬で治る」と言われ、処方を受けた
次第に複数の病院を渡り歩くようになった
ベンゾジアゼピン系の睡眠剤や精神安定剤を中心に多様な薬剤の処方を受け、昼夜なく何錠も飲んだ
抗うつ剤「パシキル」も服用、リストカットや腹を包丁で切る行為を繰り返した
「パシキル」には攻撃性増徴と自殺衝動の指摘も
薬中毒になっていると自覚したが「やめると目まいがして吐き、すごく苦しくて・・・」
家族の制止を振りほどき


※「パシキル」「ルボックス」など4種の抗うつ剤を服用した患者に暴力を振るうなどの攻撃性が高まる症状が表れたとの報告が2004年〜08年にかけて42件

厚生労働省は因果関係を調査し始めた



「抗うつ剤に限らず、睡眠剤や精神安定剤などにも他者への攻撃性を増長させる危険性がある」

「睡眠剤や精神安定剤の多くはベンゾジアゼピン系だが同系薬剤には耐性と依存性があり、使ううちに量を増やさないと効かなくなり服用量が増加する。」

「ある程度増えると正常な判断ができなくなって、大量服用し記憶のないまま暴力や傷害などの事件を起こすことがある」

NPO法人「医薬ビジランスセンター(薬のチェック)」代表 浜六郎医師談


「抗うつ剤や睡眠剤の薬の処方が広がったのはここ10年ほど。長期、漫然と使うことに抵抗が少なく、睡眠障害に悩むより生活の質を高めると考えられがちだ。それで精神科以外でも気楽に処方されるようになった」

「入り口になる症状に対処するには、薬剤に頼らなくていい場合もある。薬剤には必ず効果と副作用がある。両者を考え合わせて慎重に使う必要がある」

杏林大保健学部 田島治教授(精神保健学)談



※教室・講座にいらっしゃっても動きたくない時は、動かれなくても良いです。また、動きたくないポーズ(形)の時は、動かれなくても良いです。ただ、片側だけ(右側・左側)というのはお避け下さい 体のバランスが悪くなります。

・参加しているからには、やらなければならない
・できないなら、来てはいけない
・みんなと同じことを、しなければいけない
・みんな(或いはナビゲーター)と同じポーズ(形)が、出来なければいけない

というお考えは忘れて下さい。

自力整体・健康法の間は「自分だけの時間」「自分だけの空間」です。
それは、参加者すべての方にとって同じです。

「自分に集中する」ことで今必要な事を「心」が「体」が教えてくれます。
その声に耳を傾けて下さい とても大切な事です。

長く続けていらっしゃる方はみなさん同じお気持ちです。