笑壷ソサエティ

トピックス
うつ状態≠うつ病

大見山クリニック(心療内科) 大見山浩一
健康と良い友だち 「こころの診察室」より

こころのカゼ(誰でもかかる可能性が高い)と呼ばれるうつ病

患者数は年々増加し、最近は30〜40歳の働き盛りの受診も多い

【うつ状態】 日常生活の中で起こるさまざまな出来事がきっかけで、落ち込んだり憂うつな気分になる

例)家族との死別、離婚、リストラ、職場の人間関係などの生活環境の変化

原因が解消されたり、憂うつな気分を吹き飛ばすようなうれしい出来事が起こると、自然と抜け出せる

うつ状態になりやすいタイプ=
ものごとを悲観的に考える性格傾向が強い
何かあると悪い方へ悪い方へと思考をめぐらせる

【うつ病】 うつ状態が一時期改善しても、またうつ状態になることが多い

症状=
気分が沈んで弱気になる、人に会うのも何をするのもおっくう、意欲がわかない
何をしても楽しくない、自分はだめな人間だと必要以上に自分を責める
何かしなければと焦る気持ちが強くなる、食欲がなくなる
食べても美味しいと感じられない、疲れやすい、全身の倦怠感が強くなる
なかなか眠れない、寝ても途中で目が覚める

身体症状=頭痛、胃の痛み、肩こり、胸苦しさ、便秘、下痢

本人の自覚が無い=初歩的なミスが増える、仕事が滞る、遅刻や欠勤、口数が減る、ぼんやりする


DSM−IV−TR=米国精神医学会が作成した診断方法のマニュアル
「DSM−IV−TR」による※大うつ病性障害の診断基準(引用抜粋)

下記の9項目のうち5つ以上が、2週間以上にわたってほぼ毎日続く場合に診断
(ただし、選択した5つの中に①か②が含まれている場合)

①ほとんど1日中、抑うつ気分(憂うつで不安な気分)が続いている

②ほとんど1日中、何事にも興味がわかず、喜びを感じられない

③食欲が低下して体重が減ったり、または食欲が増して体重が増えたりする
(1ヶ月で体重が5%以上変化している)

④よく眠れない、夜中に何度も目が覚めるなどの不眠や睡眠過多が続いている

⑤落ち着きがなく、意味のない行動をくり返したり、動作がにぶくなったり、会話がうまくできないといった状態が続いている

⑥疲れを感じたり、気力がわかない状態が続いている

⑦自分に価値を見出せず、妄想的なほど自分を責めてしまう

⑧思考力や集中力、決断力が低下した状態が続いている

⑨死についてくり返し考えたり、特別な計画はないけれど自殺したいと思ったり、どのようにして死ぬか自殺の計画を立てたりする


※一般的にいわれている「うつ病」は、専門的には「大うつ病性障害」と呼ばれている

うつ病の治療例)
①悲観的になる考え方を治すためのカウンセリング

②周囲のストレスを軽減するための生活環境の調整(休職や配置換えなど)

③SSRIと呼ばれる薬物(うつ病の人に不足している脳内の神経伝達物質セロトニンを増やす)を用いた治療

個々の状態に応じた多角的、複合的なアプローチが行われている



※教室・講座にいらっしゃっても動きたくない時は、動かれなくても良いです。また、動きたくないポーズ(形)の時は、動かれなくても良いです。ただ、片側だけ(右側・左側)というのはお避け下さい 体のバランスが悪くなります。

・参加しているからには、やらなければならない
・できないなら、来てはいけない
・みんなと同じことを、しなければいけない
・みんな(或いはナビゲーター)と同じポーズ(形)が、出来なければいけない

というお考えは忘れて下さい。

自力整体・健康法の間は「自分だけの時間」「自分だけの空間」です。
それは、参加者すべての方にとって同じです。

「自分に集中する」ことで今必要な事を「心」が「体」が教えてくれます。
その声に耳を傾けて下さい とても大切な事です。

長く続けていらっしゃる方はみなさん同じお気持ちです。


ココロに笑顔、カラダに笑顔。笑壷ソサエティ HP
笑壷ソサエティ 教室のご案内
笑壷ソサエティ 【空】
笑壷ソサエティ(ブログ)
笑壷ソサエティ(携帯)