笑壷ソサエティ

トピックス
過敏性腸症候群
中日新聞 朝刊 「すこやかに生きる」より


IBS=心身のストレスなどから下痢や便秘

腹痛が長く続くにもかかわらず、腸に異常が見つからない過敏性腸症候群

「ストレス社会で運動不足の生活を送る人が多くなればIBSは増え続ける」

IBSに詳しい鳥居内科クリニックの鳥居明医院長談

全人口の10〜15%にみられ、3つのタイプ 下痢型・便秘型・下痢と便秘を繰り返す型

下痢型=
単純な下痢と違い、下痢が収まってもなお、腸にガスがたまっていたり、常に切迫感があり、腹痛を伴う(男性に多い)

便秘型=
単純な便秘なら便が1〜2週間出なくても平気な場合があるが便秘型も腹部の痛みは不快感を伴う。常に便意があり、電車に乗れなかったり仕事に集中できなかったりするケースが多い(女性に多い)

診断=腹部症状が必ずある・便通異常・慢性的・ストレスの関与・苦痛の訴え

※注意=
他の疾患原因の可能性を確認するために、腸に器質的な異常がないかを調べる「除外診断」が必要

IBS患者の腸の状態

下痢=腸管がけいれんして活発に動き、水分が腸に吸収されないまま体外に排泄される

便秘=腸の中を便がゆっくりと進むために、水分が吸収され硬くなる

IBSの原因=自律神経のバランスの乱れが腸管の運動障害を起こす

※交感神経と副交感神経に分かれる自律神経が腸の動きを調整

脳腸相関=
近年の新しい考え方が明らかに・・・
脳がストレスを受ける→腸の細胞からセロトニンが過剰に放出→腸管内が刺激に過剰な状態に→わずかな刺激が加わるだけで腹部の不快感や痛みへ

市販薬もあるが「根本的な治療にはならないので過度の依存は注意が必要」との指摘

予防=頑張りすぎない、100点ではなく75点がちょうどいい、適度な運動は腸の動きを整える、ストレスにうまく対処する「笑う・感謝する心・遊び心を持つ」
              中部労災病院の心療内科芦原睦部長談

10


※教室・講座にいらっしゃっても動きたくない時は、動かれなくても良いです。また、動きたくないポーズ(形)の時は、動かれなくても良いです。ただ、片側だけ(右側・左側)というのはお避け下さい 体のバランスが悪くなります。

・参加しているからには、やらなければならない
・できないなら、来てはいけない
・みんなと同じことを、しなければいけない
・みんな(或いはナビゲーター)と同じポーズ(形)が、出来なければいけない

というお考えは忘れて下さい。

自力整体・健康法の間は「自分だけの時間」「自分だけの空間」です。
それは、参加者すべての方にとって同じです。

「自分に集中する」ことで今必要な事を「心」が「体」が教えてくれます。
その声に耳を傾けて下さい とても大切な事です。

長く続けていらっしゃる方はみなさん同じお気持ちです。


ココロに笑顔、カラダに笑顔。笑壷ソサエティ HP
笑壷ソサエティ 教室のご案内
笑壷ソサエティ 【空】
笑壷ソサエティ(ブログ)
笑壷ソサエティ(携帯)