笑壷ソサエティ

トピックス
経穴≠ツボ
【気】の流れるパイプ=【経絡(けいらく)】

【経絡】上の【孔(あな)】=【経穴(けいけつ)】



【経絡】には【気】という【エネルギー】が流れている
  ↓
【経絡】には所々に【孔】が開いている
  ↓
【孔】は【経絡】の【外側】の世界から【経絡】の中へ【エネルギー】を取り込む

【経絡】中を流れる、汚れた【エネルギー】の【排泄口】でもある



【呼吸器】は最大の【経穴】

【〜に効くツボ】は存在しない=【経穴】は常に場所を変える



治療家のテクニック

経絡上を手で触れて、詰まって苦しんでいる経穴を探し、鍼を打ち詰まりを取ると、新しいエネルギーが入り、経絡全体が元気になる。
また、古いエネルギーを捨てることが出来るため、すっきりする。



自力整体では

自分で運動器系を動かして、コリを探し、「圧迫」「ゆさぶる」などで、エネルギーの出入り口である【経穴】の詰まりを取り除く

【経穴】の詰まっている場所=【圧痛点(あっつうてん)】=筋肉の硬直で押すと痛みがある

【どのツボを刺激するか】=【ツボ意識】ではなく、【どの経穴が詰まって息苦しいか】=【経絡意識】が自力整体の行っていることの1つ

【気】が流れ始めると、心地好さで眠くなってくる。

【経絡】の【気】の流が正常になれば、痛みは取れて行く。

【気】が満ちれば、その時に痛みが取れなくても、時間とともに自然に消えていく。

当日消えなくても、一晩ゆっくり寝ればほとんどの痛みは消えている。