自分でカラダを整える整体が、 自力整体
スーと脱力
 筋肉は縮めるためにつくられた。伸ばすのではなく、思い切って縮めてからスーと脱力する。自力整体の目指すものは柔らかさではなく、弾力であり、脱力。伸びるときには十分に伸び、力を入れるときは力が入る。そして必要がないときには完全に脱力し、無駄なエネルギーを使わない筋肉。
カラダの声を聞く?
 カラダの3つの言語は気持ちが良い、痛い、不快。3つの言葉を聞いて、強さ、角度、場所を調整する、カラダの声を聞く練習が自力整体。
空腹、ときどき満腹の生き方
脳や筋肉に血液が十分に行わたっている空腹状態で、自力整体をすると隅々まで血液が流れて、気持ちが良い。空腹、ときどき満腹の生き方は動きが軽く、脳が覚醒
自力整体で治すのではない
 カラダを痛めるくらい、カラダの声を無視してきたので時間がかかるが、自力整体の実践で、習慣がつけば、カラダの声=気持ちが良い、痛い、不快がうるさくて無理と感じることをしなくなる。自力整体で治すのではなく、カラダの声を聞く練習
痛むところは触れない、刺激しない
 痛まない側を気持ち良く刺激することが、痛む側の痛みを取ります。痛みを局所的に考えるのではなく、全体の流れを改善する。痛むところは触れてはいけない、刺激してはいけない。痛いところは保護しておいて、健康な側を動かすことでエネルギーを生じさせ、そのエネルギーを痛む側に分配することで痛みを取る。
 痛いところは『アンタッチャブル(触れてはいけない)』が合言葉。自力整体は苦行ではないカラダにとって、苦の先にあるのは破壊であり、気持ち良さの先にあるのが治癒。
自力整体は、自力整体・整食・整心法
整体とは
 整体とはバランスのとれたカラダ。気が全身を滞りなくながれているカラダ。精神系(心の働きをさす)、臓器系、運動系とに、バランスよくエネルギーが配分されているカラダ。
痛みに効く自力整体?
 「~の痛みに効く自力整体はないですか?」 答えは1つ「ありません。」自力整体は「~に効く」という作り方はされていません。カラダ全体を整えるため、左右対称のカラダにするために作られました。そうなれば、自ずと痛みは消えるからです。そして、食生活の改善です。食生活を変え、体内から老廃物を排泄し、筋肉や関節をやわらかくするのです。
生活の点検をする時間
  自力整体は生活の点検をする時間。筋肉はとても繊細に敏感に反応。健康に向かっているときはやわらかくて、脱力しているし、カラダ全体が左右対称でゆがみがないから、自力整体がとっても気持ちが良い。  病に向かっているときの筋肉は硬直し、緊張して、カラダがゆがんでいるから、自力整体がとても痛くて不快。自分のカラダが健康ゾーン不健康ゾーンがすぐにわかる。前日の食べ方、眠り方、仕事の仕方の答えが、次の日の自力整体に現れる。  悪い生活習慣をやめ、良い生活習慣になる工夫をするのが予防医学。予防は自力でないとできない。治療も自力だからこそ体質改善し、根本から治すことができる。
痛む必要がないカラダ
 今までの痛みに対する知識や観念を正し、生活を改善することで痛む必要がないカラダにしていく。痛みを治すには根気と、自分のカラダは自分で治すという強い意志、そして、カラダに対する強い信頼が不可欠。カラダ自身が自然治癒力によって、カラダを治療する。
自力整体で解決しない痛み
 自力整体が有効な痛みは自然発生した痛みや動かしたときの痛みなどの運動系の痛み。薬物や手術を必要としない、正しい生活で自然に自ら癒していく痛み。
 外科的処置が必要な痛みや外傷は除外。自力整体で解決しない痛みは医師の診察を受けること勧めます。何が何でも自力整体で解決しようと頑張らないでいろいろな方策を考えましょう。
Column
痛みについて
  • 痛みへの意識を変える
  •  ほとんどの痛みは食べ過ぎから。
  • 老化と痛みは関係ない
  •  痛みには、肉体が発生する痛みと、筋肉や関節を流れる気が不足して痛む2つがある。痛みとMRIやレントゲン検査の結果は関係がない。自律神経生活をする。仕事中は左右対称と脱力を心がける。
    痛みのない生活のための方法
  • 充電生活
  •  私たちの臓器や筋肉や関節を流れている生命エネルギーのは、睡眠中に充電し日中の活動で放電。気の量が少なくなると体温が低下し冷え状態に。そして冷え痛みはセット。夜10時~深夜2時は自然界の気熟睡中の呼吸で取り入れる時間帯。しっかり充電→が満ちる→体温が上がる→痛みがなくなる。
  • 自律神経生活
  •  乱れた生活は自然治癒力という自律神経を狂わせる。自律神経の交感神経は活発な活動神経、副交感神経は安らかな休息神経、つまり自律神経は肉体をコントロールする神経。自律神経が乱れればカラダは病気になり、整っていれば不調なことがあっても治っていく。
    ・ポイント…労働の際は何も食べずに空腹で働き、労働後に食べる。
  • 食事は体温が高い時間帯に取る
  •  体温が低い時間帯に食事を取ると、胃の中のものは消化されにくい。長時間、胃に留まることで、エネルギーに変わるより、老廃物として体内に留まり、痛みになる。
  • カラダを左右対称にする
  •  人間には肉体のカラダと、気のカラダ(目に見えない生命エネルギー)があり、生命エネルギーが流れるパイプが経絡経絡肉体のカラダの筋肉中を流れる。筋肉のコリ・緊張経絡が詰まり生命エネルギーが流れなくなると痛みになる。筋肉が緊張する原因はカラダのゆがみ。筋肉群がカラダを左右対称に戻そうと働いた努力の結晶がコリ
    もうひとつのカラダを知る、気のカラダ
  • 経絡は、気という生命エネルギーが流れるパイプ
  •  生命エネルギーの流れを意識しながら、カラダを刺激すると自力整体がより効果的。臓器の弱りが筋肉や関節に症状として現れる。しかし、筋肉や関節を整えて、経絡気を満たすと、関係する臓器の状態を整えることができる。
     自力整体ですべての関節を滑らかに動けるように刺激することで、内臓系を直接治療しなくても間接的に内臓系の治療にもなる
  • 体質は、内臓系グループの生命エネルギーの偏り
  •  不摂生で臓器がを使い過ぎると、筋肉や関節のが不足して、筋肉や関節の冷え・痛みが発症。整食法で内臓がを使わない分、筋肉や骨に気が満たされ痛みが消える。
  • 経穴は、経絡上の孔
  •  汚れた空気を吐き出し、新鮮な空気を取り入れる呼吸器という鼻の穴が、人間にとって最大の経穴経絡の流れによって経穴は常に場所を変える。経穴の詰まっている場所を圧痛点と呼び、筋肉が硬直して押すと痛みがある。圧痛点への刺激で詰まりを開放し、経絡から老廃物を吐き出し、新鮮なエネルギーを吸い込めるようにする。どの経穴が詰まって息苦しくなっているか自分で運動系を動かすことでコリを探し、圧迫したり、ゆさぶったりして、気のエネルギーが出入り口の経穴を掃除する
  • 波動は、気のエネルギー
  •  軽く明るく穏やかで、温かい優しい心の状態は波動を上げる。波動が高くなると、経絡を流れるのエネルギーは淀まず、コリや痛みが発生しない。病が治らなくても、が流れるようになれば、痛みを感じないで生涯を送ることができる。
     人間の細胞は90日で入れ替わり、新しい肉体に生まれ変わります。痛み・苦しみも手放しましょう。被害者意識や憎しみや許せない感情は膨大なエネルギー浪費。手放すことでエネルギーの無駄使いをやめる。意識を変えるほうが幸せ
生活に笑顔
TOPへ戻る
クォンタムタッチの本のご紹介 amazon 楽天
  • No.01 健康双書「足腰、ひざの痛みを治す 自力整体法」
  • No.02 健康双書 「自力整体法の実際」 CD付
  • No.03 「自力整体 骨盤のゆがみを治し キレイになる! 健康になる!」 CD付
  • No.04 「痛みとストレスがみるみる消える!自力整体入門ダイエットにも効果バツグン!」
  • No.05 「自力整体整食法 からだの痛みや不調を根治する 足腰、ひざの痛みは消え、肩コリや便秘、冷え性、骨粗鬆症も治る」 CD付
  • No.06 「自力整体脱力法 3つの脱力(からだ・内臓・脳)でスッキリ・スリム! 痛み、コリ、病気、ストレスが消える」 CD付
  • No.07 「自力整体が効く! 骨盤のゆがみが直る 全身の不調が消える」 監修 矢上 裕 DVD付
  • No.08 「自分のからだは自分で守る 女性の自力整体」 CD付
  • No.09 「自力整体」 足腰、ひざの痛みが消える! 肩こりや便秘、むくみ、冷え性が治る! DVD付
  • No.10 「幸せ家族の自力整体&二人整体」 DVD付
  • No.11 「からだあったか おなかすっきり 女性のための自力整体」 DVD付
  • No.12 「代謝をよくして、体質改善!! 自力整体で花粉症に勝つ!」 監修 矢上 裕 DVD付
  • No.13 「自力整体の真髄」 なぜ、自力整体は効くのか? DVD付
  • No.14 「キレイにやせる自力整体」 DVD付
  • No.15 「自力整体 浄化ダイエット」
  • No.16 自力整体 矢上裕の「からだの本音」ありのままの自分を輝かせる言葉
  • No.17 一生サビない体をつくる 「骨盤」 自力整体
  • No.18 自力整体で熟睡 快眠 DVD付
  • No.19 自力整体 痛みの治し方 食事・睡眠・排泄で根本からからだが変わる DVD付
  • No.20 自力整体 腰痛・ひざ痛・全身の不調を治す骨盤調整法 DVD付

矢上 裕

 1953年、奄美大島で生まれる。
関西学院大学2年のとき、予防医学の重要性に目覚め中退し、鍼灸の道に進む。鍼灸院開業中、自力で経絡を調整する「自力整体・整食・整心法」の原型である経絡調整体操を考案。さらにヨガ、断食、整体を学び「自力整体・整食・整心法」を完成。
現在、関西で自力整体・整食・整心法教室を指導している。さらに遠隔地の人のために通信誌『自力整体 予防医学通信』を郵送し、定期的研修や合宿などのスクーリングを行っている。「矢上予防医学研究所」所長。

 基本の級数の段落。14px、行間30pxです。それに上下paddingをかけてあります。基本の級数の段落。14px、行間30pxです。それに上下paddingをかけてあります。基本の級数の段落。14px、行間30pxです。それに上下paddingをかけてあります。基本の級数の段落。14px、行間30pxです。それに上下paddingをかけてあります。基本の級数の段落。14px、行間30pxです。
キャンセルポリシー